木村花の母がテラハやらせを告白した文春記事内容とは?契約書公開でヤバい事実が!?

スポンサーリンク
芸能
出典元:木村花Instagram

木村花さんの母親・響子さんが「ひとりでも多くのひとに事実を知ってほしい」と願い、週刊文春にテラスハウスの真相を告白しました。

文春記事の告白内容は?

木村花さんが語るコスチューム事件の真相とは?

フジテレビ「テラスハウスの闇」の根源である“契約書”の内容は?

詳しい内容はこちらから有料記事で確認してください。

木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ”《遺したLINEには…》

では、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

木村花の母親響子がテラハのやらせを告白!記事内容は?

出典元:木村花インスタグラム

木村花さんが5月23日に亡くなってから1カ月が経ち、母親の響子さんが週刊文春にフジテレビの「テラスハウス」のやらせや花さんとのLINEの内容を公開しました。

『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』のではなく、スタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。

せめて花の名誉を回復してあげたい。

引用:週刊文春「テラスハウス・木村花さん母が衝撃告白10時間「娘はフジテレビに殺された」

という想いで今回の告白をしています。

記事の内容を簡単にまとめると、このような内容でした。

  • 花さんの死の根源はテラハの“やらせ”
  • 本当の花さんは心優しいピュアな子
  • 2019年中に「やめたい」と申し出るも『視聴率が取れるから』と引き留められた
  • 木村花さんがコスチューム事件の真相はスタッフから『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』と煽られてのことだった
  • テラハの契約書は“演出指示(やらせ)”に従うように強制させる内容だった
  • フジテレビに“やらせ”について全面否定

衝撃な内容がたくさんあったので、詳しくみていきましょう。

木村花のテラハコスチューム事件 の真相は“やらせ”

出典元:https://skyscraper-oasis.com/2020/04/06/hana-kimura-flaming/

木村花さんは商売道具であるコスチュームを同居人に誤って洗われダメにされてしまい、激怒するコスチューム事件で大炎上しました。

そこから花さんに多くの心無い誹謗中傷の言葉がぶつけられていったのです。

コスチューム事件の内容はこちらをご覧ください。

関連記事:テラスハウス・木村花の自殺疑惑の原因・理由は?Twitter・インスタ画像写真とは?

スタッフの指示でプロレスラーらしく振舞っていた

この事件について母親の響子さんは相当の覚悟で花さんに言われたことを話しています。

テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって……。

1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。

コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。

『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。

盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。

スタッフは信用できないよ

引用:週刊文春「テラスハウス・木村花さん母が衝撃告白10時間「娘はフジテレビに殺された」

花さんは友人にこの事件の激怒の撮影後『すごい良かったよ』と言われ、人間不信になってしまったと話していたそうです。

スタッフに誹謗中傷を訴えていた

また、このとき花さんは番組スタッフにも誹謗中傷されていることをLINEで伝え、SOSを出していました。

  • 死にたくなってきた
  • 炎上してるの思い出した
  • 死ねはひどくない?

また花さんは、19年11月には「(テラスハウスを)年内にやめたい」とスタッフに申し出しますが、引き止められていたと母の響子さんが話しています。

花は私たちに『年内には辞められるから心配しないで』と最初は言っていました。

でもいざスタッフに辞めたいと申し出ても
『目立つキャラの人が入るまで待って』
『花ちゃんがいると視聴率が取れるから』
と引き留められたと聞きました

引用:週刊文春「テラスハウス・木村花さん母が衝撃告白10時間「娘はフジテレビに殺された」

花さんの悲痛な叫びは全く届かず、むしろ炎上をさらに大きくし、スタッフは花さんをヒール役(悪役)に編集や指示で演じさせました。

コスチューム事件の大炎上から、テラスハウスではYouTubeで「“コスチューム事件”その後」を3本もあげており、ますます花さんへの誹謗中傷を加速させました。

大事な出演者をまったく守ろうとせず、視聴率を取るためだけに花さんのヒール役を使っていたフジテレビに不信感を覚える内容ですね。

木村花は事件相手の小林快に謝りたいと電話していた

コスチューム事件で花さんに帽子をはたかれた小林快さんのコメントで

花さんから「ずっと謝りたかった」と電話があったと告白しています。

花から『(帽子をはたいたのは)本心からじゃなくスタッフに煽られた』って聞いた。

普段あんな怒り方をする人じゃないからスタッフの指示があったんだと思っていた。

花はいつもピュアでまっすぐ。

コロナが落ち着いたら会おうって約束していたんだけど……(小林快)

引用:週刊文春 2020年7月9日号

関連記事:テラスハウス「コスチューム事件」の男子メンバーはだれ?小林快の現在はアーティストで活躍?

木村花さんの母・響子さんだけでなく、友人やコスチューム事件の相手・小林さんまで

花さんは「スタッフの指示・煽りから“コスチューム事件で激怒した”」と話しています。

なので、花さん本人の意思でコスチューム事件を起こしたのではなく、番組スタッフによる演出で激怒したというのが真相のようです。

人間不信や誹謗中傷を受けるなど大変な中で、なぜスタッフの指示通り花さんは演じ続けたのでしょうか?

そこにはテラスハウスの「悪魔の契約書」があったからだと考えられます。

テラハの闇の契約書は“やらせ”に従うよう強制させる衝撃の内容!

木村花さんは、テラスハウスに出演する前に契約を結んでいます。

その内容の一部が今回の記事で書かれていました。

テラスハウスの契約書内容(一部)

  • 前科・前歴や性風俗産業に従事したことがないこと
  • 交際している相手が存在する場合は速やかに告知すること
  • 写真週刊誌などの雑誌に口外しないこと
  • 収録期間中のスケジュールや撮影方針に関して、全て貴社らの指示・決定に従うこと
  • 契約に違反し、放送が中止になった場合、放送回分の制作費を最低限とする賠償額を請求すること

テラハは台本はないが、ストーリーはある

契約に従わなければ、多額の損害賠償が発生する可能性がある明示したうえで契約することで、出演者がスタッフの指示に背くことは現実的に難しくしていることがわかります。

テラスハウスの元スタッフもこのように話していました。

確かに台本はありません。

でも、ストーリーはこちらで作っていました。

集合したら、撮影前に『どんな設定でどんな方向に恋愛を動かしていくのか』という説明を制作者から出演者に伝えます。

出演者は、そのときに“今回はこの人と肩を寄せ合うんだな”“この人と本音で語り合うのか”と状況を把握するんです。

デートに行く組み合わせなども制作者側の指示通りに動いてもらっていましたね

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18323817/

出演者たちは“やらせ”を感じたとしても、この“悪魔の契約書”により話すことができず、スタッフの指示通りに動くしかなかったようですね。

フジテレビは“やらせ”を否定

木村花さんの自殺後、花さんの所属するプロレス団体の親会社ブシロードを通じてフジテレビから説明があるものの納得できなかったそうです。

フジ側から『花さんと話して全部納得いくようにやりました』『テラスハウスを辞めたいっていう話は聞いたことがありません』と、ウソとしか思えないようなことばかり言われました。

ブシロードに番組側の検証を促すよう協力を求めても『後ろ盾になるなんて迷惑でしかない』などと言われ、追悼興行やメモリアルグッズの話しか出てこなかった。

藁にもすがる思いだったのに裏切られた気持ちでした

引用:週刊文春「テラスハウス・木村花さん母が衝撃告白10時間「娘はフジテレビに殺された」

フジテレビ側は“やらせ”を完全否定しています。

一番つらい思いをしている木村花さんの母親・響子さんの告白について世間はどう感じているのでしょうか?

木村花の自殺原因はフジテレビ?世間の声は?

木村花母親がテラハやらせを文春告白まとめ

今回、先読み記事を読んでみて、木村花さんの母・響子さんが天国の花さんのためにたくさんの告白をされたこと。

まだ亡くなって1カ月の中で整理もつかない中、花さんのような犠牲者を出さないために早く行動したこと。

本当にすごいと思うともに、この響子さんの真相を伝えたいという想いが多くの人を動かしてほしいと願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました