【リバプール試合結果】南野ベンチ!ボーンマス戦のスタメン・試合内容まとめ!

スポンサーリンク
海外サッカー
出典元:https://www.theworldmagazine.jp/20180822/01world/england/216505
スポンサーリンク

こんにちは!

15年ほどリバプールを応援し続け、1試合を様々な解説者で見直す重度のリバプールファンがお伝えする試合結果です!
かなりリバプールよりな部分もありますが、そこも楽しんで読んでもらえると嬉しいです。

日本時間7日のPM9時半にアンフィールドでキックオフとなったリバプール対ボーンマスの結果です。

試合は2-1でリバプールが勝利しました。

リバプールは先制されたものの、前半のうちに逆転。公式戦の連敗も2で止めました。

ホーム22連勝となり、イングランドのトップリーグの新記録を樹立しました。

リバプール悲願のプレミアリーグ初優勝まであと3勝です。

スポンサーリンク

試合の出場メンバーは?

【リバプール】スタメン

* アドリアン
* アーノルド
* ゴメス
* ダイク
* ミルナー
* ファビーニョ
* ワイナルドゥム
* チェンバレン
* サラー
* フィルミーノ
* マネ

【リバプール】ベンチ

* ロナーガン
* マティプ
* ウィリアムズ
* ケイタ
* ララーナ
* 南野
* オリギ

ちなみに左サイドバックのロバートソンがメンバー外なのは休養を与えたためとのこと。
アトレティコ戦で万全で使うための温存とも言えるかもしれません。

【ボーンマス】スタメン

* ラムズデール
* ステイシー
* スティーブ・クック
* アケ
* スミス
* ルイス・クック
* レルマ
* ビリング
* フレイザー
* ウィルソン
* スタニスラス

【ボーンマス】ベンチ

* ボルツ
* シンプソン
* リコ
* サーマン
* ゴスリング
* ソランケ
* サリッジ

【リバプール試合前半】先制されるがサラーとマネが…


前半からリバプールがボールを持つ展開となりました。

しかしボーンマスも積極的に前からプレスをかけてきています。

ここのところ失点が続いているリバプールは何とかクリーンシートを達成したいところでしたが、あっさり先制されてしまいます。

9分、ロングボールをゴメスとウィルソンが競り合います。

先に追いついたゴメスをウィルソンが押したように見えましたが笛は鳴らず、ボールはそのまま右サイドへ展開されビリングから外を上がったレルマへ、触るだけでゴールのクロスがウィルソンに届きました。

0-1とまたも先制されてしまったリバプール。

選手達の顔色も不安な様子に見えてきます。

17分にアクシデント。
アーノルドのアウトサイドのスルーパスにうまく裏を取ったフィルミーノが抜け出しシュートにいきます。

スティーブ・クックがこれをブロックにいった際に太ももを痛め、シンプソンと交代。

この交代で入ったシンプソンのミスからリバプールは同点に追い付きます。

25分シンプソンが最終ラインからボールを持ち出そうとした際にマネがボールをカット、マネの前にはディフェンダー1人とキーパーのみ。

マネは右のサラーにパスを出しますが、マイナスに流れディフェンスが戻る時間を与えてしまいます。

しかしサラーは冷静にカットインからレルマの股を抜くシュートでキーパーの逆をとりゴール。

1-1となりアンフィールドも盛り上がります。

さらに33分、ボーンマスの中盤のパスミスをファンダイクは逃しません。

ディフェンスラインを上げかけていたボーンマスのラインの裏へ丁寧なスルーパス。

マネがキーパーとの1対1を冷静に右隅に沈め2-1。

前半のうちに逆転に成功しました。

【リバプール試合後半】ミルナーのカバーにも助けられ…

後半もリバプールがボールを持つ展開が続きます。

出足の良いプレスでボーンマスを押し込みボールを回収する時間が続きます。

後半始めの15分はポゼッション82%。

このまま追加点を狙いたいリバプールでしたが、一瞬の隙をつかれます。

自陣の低い位置でボールを引っ掛けられビリングからダイレクトでディフェンスの裏へ出たボールがフレイザーの元へ。

キーパーとの1対1となったフレイザーは落ち着いてボールを浮かせ、ゴールインかと思われた次の瞬間、物凄い勢いでカバーに入ったミルナーが足先でクリア。

ベテランのクリアで救われたリバプールは攻勢に出ます。
66分にはファンダイクのヘッド、72分にはフィルミーノが巧みなタッチから相手を交わしボレー、しかしどちらも決まらず試合は進みます。

90分にはコーナーからのクリアが中途半端になりルイス・クックから裏に抜け出たアケにパス。

そしてアケの横パスがカラム・ウィルソンに届きます。

押し込むだけでゴールのシーンにリバプールファンは肝を冷やしたでしょう。

しかしこの一連のプレーはオフサイドの判定

91分にはリバプールにチャンス。

サラーのアウトサイドクロスに飛び込んだのは交代で入ったララーナ。

しかしこのパスをララーナは冷静にスルー。

裏にいたフリーのフィルミーノに決定機が訪れますがシュートを浮かしてしまいました。

試合はこのまま終了し、2-1でリバプールが勝利しました。

リバプール対ボーンマス戦の感想

1月2日以来の先発となったミルナーの仕事ぶりには感服いたしました。

ただ淡々とボールのリカバリー、スペースのカバーを繰り返すベテランがいるとチームとしても安心感が生まれる気がします。

ジェームズ・ミルナーはファンが選ぶ「マンオブザマッチにもなっていました。
またリバプールはチーム全体としてもここ最近の試合に比べてセカンドボールの回収がかなり出来ていたように思います。

全体のラインが間延びせずコンパクトに保てていた結果と言えるでしょう。

失点シーンには絡んだもののゴメスの出来は素晴らしかったと思います。

あとはディフェンスの裏を取られるシチュエーションがどうしても出てきてしまっているので、ここが失点を減らすポイントかもしれません。

高いラインの裏をケアできるアリソンの怪我はかなり痛いですが、シーズン前半を支えてくれたアドリアンを信じて、次のアトレティコ戦を楽しみにしたいと思います。

【リバプール】次の試合の予定はアトレティコ・マドリード戦!

次はいよいよCLベスト16、アンフィールドでのアトレティコ・マドリード戦です。

日本時間12日(木)AM5時キックオフとなります。

リバプールはファーストレグを1-0で落としているので、勝ち抜けるには1-0でのPK戦勝利アトレティコに1点でも取られれば2点差以上の勝利が必須になります。

ファーストレグでは枠内シュート0に抑えられてしまいました。
守備が固い相手ですので、まずは先制点を取りたい所ですね。

【リバプール】アトレティコ戦でのメンバー予想は?

リバプールはアリソンが怪我でおそらく間に合わないとの事、またヘンダーソンはこの試合で復帰できるように今調整しているとのことで、日曜日からフルトレーニングに戻れるとの情報が入りました。

アリソンが出られない事は非常に痛いことですが、クロップはリバプールの監督になってからEL・CL含めてホーム&アウェイの試合方式では負けた事がありません。

ホームのアンフィールドですので勝つことを信じて応援しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました