【リバプール移籍の噂2020】エジルの後継者といわれるカイ・ハフェルツの移籍金予想!

スポンサーリンク
海外サッカー
出典元:http://manchesterutd.net/
スポンサーリンク

こんにちは!

15年ほどリバプールを応援し続け、1試合を様々な解説者で見直す重度のリバプールファンがお伝えする試合結果です!
かなりリバプールよりな部分もありますが、そこも楽しんで読んでもらえると嬉しいです。

この夏の移籍で、ブンデスリーガのライプツィヒ所属の「ティモ・ヴェルナー」とともに噂になっているのが、「カイ・ハフェルツ」です!

ドイツのレヴァークーゼンに所属する「カイ・ハフェルツ」はどんな選手で、リバプールとの相性はどうなのか?高額な移籍金はどれくらいなのかまとめてみました。

スポンサーリンク

カイ・ハフェルツのプロフィール

ハフェルツはドイツのレヴァークーゼンに所属するMFです。

攻撃的なポジションを担う事が多く、サイドでのプレーもできるようです。

また高身長ながら、柔らかいボールタッチのドリブルやトラップを得意としており、ゴールに繋がるラストパスも出す事ができます。

利き足は左ですが、右足も遜色なく使えるとのことです。

年齢も20歳とかなり若く、世代交代を意識したターゲットと言えるでしょう。

また性格も真面目と言われており、プロでプレーしながら大学の入学するための資格も取るほどです。

趣味は音楽でクラシック好き、ピアノを自分で弾くこともあり、ゴシップとも無縁です。

近年のリバプールの補強を見てもプレーそのものに加え、素行面をかなり重視していると言われており、そういう意味でもターゲットになり得る存在でしょう。

名前 :カイ・ハフェルツ(Kai Havertz)
代表 :ドイツ
生年月日:1999年6月11日(20歳)
身長:188cm
体重:79kg
ポジション:MF
利き足:左

ドイツでの評判は?エジルの後継者?

そのプレースタイルからドイツではエジルとの比較をされる事が多いようです。

エジルと言えばレアル・マドリードで10番を背負っていた事もあるテクニシャンです。

現在はアーセナルでプレーしており、2015-16シーズンには19アシストを残した事もあります。高いテクニックとパスセンスでゲームを作ることの出来る選手と言えるでしょう。

利き足もハフェルツと同じ左利きです。

リバプールではどこでプレーする?

レヴァークーゼンでは攻撃的な中盤のポジションを担う事が多いので、リバプールでも同じようなポジションを任されるでしょう。

つまり中盤の1番前、もしくはサイドでのプレーを求められるかと思います。

あとはフィルミーノの役割をクロップの指導でできるようにしたいという考えもあるかもしれません。

というのもフィルミーノもドイツ時代はハフェルツと同じ様なポジションでプレーしており、リバプールでもしばらくはサイドで使われていました。

その後クロップに監督が変わってから1番前のCFで使われるようになったのです。

前線でボールを収める事が出来るようになれば、フィルミーノの代役としても機能するかもしれません。

またリバプールには左利きの選手も少ないのでそういった意味でもアクセントになるかもしれませんね。

ハフェルツの懸念点は?

フィジカル

まず懸念される点としてはフィジカル面でしょう。

プレミアリーグでプレーするにはフィジカルコンタクトに慣れる必要があります。

多くの他のリーグからきた選手が苦労するのがこの点で、ドイツではファールをとってもらえたプレーがとってもらえないなどのギャップに苦しむかもしれません。

またリバプールでプレーするにはインテンシティがかなり高く保つ必要があり、運動量に加えプレーの強度も求められるでしょう。

高額の移籍金

出典元:https://www.transfermarkt.com/

ハフェルツ獲得にはかなり高額の移籍金がかかると言われています。

バイエルンがこの夏に9000万ユーロのオファーを出したとの噂がありますが、レヴァークーゼンはこれを拒否したと言われています。

ハフェルツ獲得には9000万ユーロ(108億円)以上のオファーが必要になるでしょう。

今までのリバプールの移籍金の最高額はファンダイクで約8000万ユーロと言われており、この額以上で移籍してくるとなるとかなりのプレッシャーとなるでしょう。

移籍の可能性は?

現時点でハフェルツがリバプールに言及したことはなく、その高い移籍金からも現時点での可能性はそんなに高くないかもしれません。

リバプールは選手獲得において、移籍市場の目玉になる様な選手をとることは少なく、どちらかというとコストパフォーマンスを気にした補強をしている印象です。

プレミアリーグでの実績がない20歳の選手にこれだけの高額の移籍金を使うことはあまりないかなと思います。

もしその額で獲得するとしたら、ファンダイクやアリソン並みの評価をフロントがしているということでしょう。

感想

ハフェルツに関してはプレーを見ているとかなり才能を感じますし、こういった選手を見るのは楽しいのでリバプールに来てくれたらかなりテンションが上がります。

フィジカル面での懸念はあるものの、クロップの指導でフィルミーノの役割が出来るようになる事を想像するとワクワクしますね。

ただちょっと高すぎる・・・「リバプールの大ファンでした!」という奇跡起きないかな(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました