元NBA選手コービー・ブライアントさんがヘリ墜落事故で死去!ヘリの事故の原因となぜ多いのか?

スポンサーリンク
事件
Fabio GrandisによるPixabayからの画像

元NBAのスター選手であるコービーブライアントさんがヘリの墜落事故により、享年41歳という若さで死去しました。

一緒に同乗していた次女ジアナさん(13)も亡くなり、世界中で追悼の言葉が捧げられています。
また、ヘリに乗っていた9名の中に生存者はいないとされています。

  • コービー の由来は「神戸牛」?
  • ヘリでどこに向かっていたの?
  • 事故の原因は?
  • ヘリの墜落事故はなぜ多いのか?

コービー の由来は「神戸牛」?

コービー・ブライアントさんは、当時NBA選手だった父ジョー・ブライアントさんが神戸牛を食べた際、美味しさに感動し、息子に「Kobe」と命名したという有名なエピソードがあり、日本人でも知っている有名なバスケットボール選手です。
その後、父ジョー・ブライアントさんは親日家となりJBLやbjリーグのチームで監督も務めています。

コービー・ブライアントさんが事故死したことを受け、神戸牛の認定団体「神戸肉流通推進協議会」は1月27日に「神戸牛ブランド」を世界的に広めるという多大な貢献をしたコービーさんへ弔意を表明しています。

ヘリでどこに向かっていたの?

親子はこの日、ロサンゼルスから西方のサウザンドオークスへ次女ジアナさんが出場する予定だったバスケの試合に向かっていました。ブライアントさんはコーチを務めることになっていたといいます。

また、同乗していた他7名は、地元保安官が報道陣に語ったところによると、次女と同じチームの親子・カリフォルニア州の大学の野球部のヘッドコーチを務めるジョン・アルトベッリさん・その妻のケリー夫人と娘のアリシアさんとされており、消防当局の責任者は、生存者はいないとしています。

事故の原因は?

ヘリが遭難信号を発していたかどうかは明らかになっていませんが、消防当局者が目撃者の話として語ったところによると、大きな異常音がした後、ヘリは相当なスピードで落下し、丘の斜面に激突したといわれています。

墜落当時の気温は12~13度で弱い風が吹いており、直後に撮影された写真には霧が写っているため、視界制限状態だったと考えられます。
当日のロサンゼルス一帯は深い霧に包まれており、ロサンゼルス警察の広報担当は「午前中は天候条件が飛行の最低基準に達しなかったため、警察のヘリコプターは地上待機を命じられていた」とされるほど、悪天候だったと推測されます。

ヘリには事故直前の状況を記録するブラックボックスが搭載されており、それを回収し事故の原因を解析するとしています。

ヘリの墜落事故はなぜ多いのか?

国家運輸安全委員会によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%で、アメリカ国内において自動車に乗って死亡事故に遭遇する確率0.03%と比べると、33分の1以下の確率ということになります。

実は、少ないヘリの事故なのですが、車の死亡事故よりもヘリの事故の方がニュースに取り上げられることが多いため、ヘリ=危険というイメージがついていると考えられます。

では、ヘリの墜落事故の原因はなんなのでしょうか?
最も多い原因は、「操縦による人為的ミス」といわれています。

  • 37%操縦ミス
  • 33% – 原因不明
  • 13% – 機械的故障
  • 7% – 天候

※航空事故を専門に追跡する planecrashinfo.com が1950年から2004年までに起った民間航空事故2147件を元に作った統計

今回の場合は、エンジンの異常音からなんらかの機材トラブルに見舞われたうえに、濃霧による悪天候で斜面が見えず、激突した可能性があります。

今回の事故で、偉大なるスター選手コービー・ブライアントさんを知ることができました。
こんなに偉大な方が、病気やケガではなく、突然の事故でなくなるとは本当に悲しいことです。
ヘリで事故にあった方々にご冥福をお祈りします。
どうぞ安らかに。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コービー・ブライアント
プロフィール身長:198cm
体重:93kg(現役時代)
出身 :アメリカ ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日:1978年8月23日
NBAデビュー:1996年11月3日
ポジション:シューティングガード

・NBAロサンゼルス・レイカーズの主力選手として20年間プレーし、5回優勝を飾り、NBA史上最も偉大な選手の1人といわれる。
・バスケの神様であるマイケルジョーダンと並び、日本でも有名なバスケットボール選手の1人
・2006年にはトロント・ラプターズ相手に81得点を記録し、NBA史上2番目の最多得点をたたき出した。
・37歳で迎えた20シーズン目の引退試合では、60点越えという30歳以上で3人目の快挙を達成し、チームは逆転勝利で伝説の引退試合となった

コメント

タイトルとURLをコピーしました