【岡江久美子さん死去】コロナ自宅療養中の重症化・急変の症状とは?息切れが危ない?

スポンサーリンク
コロナ
出典元:twitter Takashi Kogachi

スポンサーリンク

こんにちは。

またも新型コロナウイルスで亡くなった方が増えてしまいました。

はなまるマーケットでお茶の間を明るくしてくれた岡江久美子さん(63)が23日の朝、新型コロナウイルスによる肺炎でお亡くなりになりました。

3日に発熱し、4~5日様子を見るように言われ、自宅療養をしていたところ容体が急変し、病院搬送後懸命な処置をしましたが悲しい結果となりました。

埼玉県でも自宅療養中に亡くなる方のニュースが流れた矢先の今回の訃報。

もし自分たちが自宅療養を指示された場合、どのような症状が重症化の目安なのか、また今後の対応についてみていきましょう。

スポンサーリンク

岡江久美子さん年齢63歳で死去

女優でタレントの岡江久美子さんが4月23日の朝方、新型コロナウイルスによる肺炎のため63歳という若さでこの世を去りました。

夫で俳優の大和田獏さんと一人娘で女優の大和田美帆さんはこのようにコメントしています。

岡江久美子さんの旦那大和田獏さん・娘さんからのコメント

岡江久美子が4月23日5時20分に新型コロナによる肺炎の為、永眠いたしました事をご報告いたします。

今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です

仕事関係者の方々、ファンの皆様、ご友人の皆様、長いお付き合いを感謝致します。

また、全力を尽くして治療にあたって頂いた医療関係者の皆様に心から感謝いたします。
ありがとうございました

皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください

引用:Yahooニュース

岡江久美子さんのコロナ感染は乳がんの治療で免疫低下?

岡江久美子さんは2019年末に初期の乳がんの手術を受けており、今年の1月末から2月半ばまで放射線治療を行ったことで免疫が低下していたそうです。

免疫低下により、新型コロナウイルスに感染しやすい状態になっていた中で感染し、容体が悪化してしまったようです。

岡江久美子さんは自宅療養中に重症化!入院後コロナ陽性

岡江久美子さんは4月3日に発熱後、相談しその後様子を見て自宅療養していた中で容体が悪化。

4月6日に緊急入院し、その後は集中治療室で人工呼吸器を装着して治療していました。

この入院後にPCR検査を行った結果、陽性反応が出ています。

懸命な治療を行いましたが、23日の朝お亡くなりになりました。

12月頃 初期の乳がんの手術

1月~2月中旬 乳がんの放射線治療

4月3日(金) 発熱・相談する

4月4日(土) 自宅療養で様子見

4月5日(日) 自宅療養で様子見

4月6日(月) 朝に容体が急変・緊急入院

4月23日(木) 朝、コロナによる肺炎のため亡くなる

岡江久美子さんのはなまるマーケット司会降板は母の介護が理由

岡江久美子さんは、1996年から2014年3月まで17年間平日の朝に放送されていた『はなまるマーケット』(TBS系)で司会を務めていました。

「生活情報番組」として主婦へ役立つ情報を届け、薬丸裕英さんとともに明るく司会をしていたことを思い出します。

『はなまるマーケット』が終了となった理由の一つとして、岡江久美子さんの母親の介護がありました。

2017年まで母親の介護をされていた岡江久美子さんは、やっと自分の趣味であるゴルフや一人娘の子供である孫の面倒を見るなど落ち着いた日々を送っていたそうです。

そんな中で初期の乳がんが見つかり、今回の新型コロナウイルスに感染ということで残念で仕方ありません。

コロナ自宅待機・療養中の重症化の症状は?

新型コロナウイルスは急激な症状悪化が見られる怖さがあります。
数時間前には普通に話せていた人が、人工呼吸器に繋がれるという事例もあるそうです。

ホテルでの療養では医師や看護師さんが配置されるため、急な悪化を見抜くことができますが、自宅療養ではそれが難しく、今後の大きな課題となります。

新型コロナウイルスの重症化のサインとして3つの症状が確認されたら、早急に医療機関へ連絡してください。

① 発熱
② 咳・息切れ
③ 全身の倦怠感

階段を昇った・ちょっと歩いただけで息切れするというのは、重症化のサインである可能性が高いので早急に医療機関や保健所へ連絡してください。

また、自宅待機中の軽症者へ血液中の酸素濃度を測る測定器「パルスオキシメーター」の配備を急いでおり、この機器により重症化で処置が遅れることを防いでいきたいとしています。

埼玉県の大野知事は「自宅療養者と連絡を取り、パルスオキシメーターの濃度が下がった場合は病院に救急搬送する態勢を整える」と話しています。

岡江久美子さん死去へ悲しみの声

まとめ

また新型コロナウイルスの悲しいニュースでしたが、岡江久美子さんから自宅療養のリスクを見直し、基礎疾患のある人や高齢者は医師のいるホテルなどで療養するなど見直していってほしいですね。

明日は我が身と考えるようになりました。

感染する危険だけでなく、無自覚で感染を広げ、他の人の命を危険にさらすことのないよう過ごしていこうと思います。

ご家族・関係者の方々へ心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました