犬猫(ペット)のコロナウイルス感染予防対策は?症状は?動物病院で検査できる?

スポンサーリンク
コロナ

スポンサーリンク

こんにちは!
私が世界一可愛いと思っている実家の2匹の柴犬たちも心配になるニュースが報道されました。

アメリカのノースカロライナ州で新型コロナウイルスに感染した家族の飼い犬のパグがコロナの検査で陽性と確認されました!

飼い主がコロナに感染したらペットにも感染?

ペットに感染させないためにどう予防すればいいの?

うちの子は大丈夫?どんな症状が出るの?

動物病院でコロナの検査をしてくれるの?

と様々な不安が出てくると思います!

私もとても不安になったので、こちらにまとめてみましたので、お役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

飼い犬にコロナは感染する?ヒトへは?

ヒトから動物に新型コロナウイルスは感染した事例が報告されています。

新型コロナウイルスの検査をした動物の数は世界的に見ても少ないですが、海外では動物も新型コロナウイルスの陽性反応が出ている事例があります。

【各国の動物感染の実例】

米国(ニューヨーク):猫2匹・動物園のライオン・トラ

米国(ノースカロライナ州):犬1匹

香港:犬2匹

ベルギー:猫1匹

香港の漁農自然護理署 (AFCD)の発表では、犬の鼻と口の粘膜にたまたま付着した新型コロナウイルスを検出してしまった可能性があり、犬の体内で本ウイルスが増殖したかどうかは確定していません。
(犬が感染したことを確認したわけではありません)

引用:https://www.tvma.or.jp/public/items/20200228.pdf

また、現在のところ動物からヒトへの感染の事例はないとされています。

その理由としては、動物から検出されたウイルスはごく少量で感染を広げる可能性は低いためとされているからです。

ペットに感染しないための予防対策は?

一番大切なのは、飼い主が新型コロナウイルスに感染しないことです。
大切なペットのためにも飼い主自身の感染予防を徹底していきましょう!

可愛いペットとスキンシップを避けることも辛いですが、感染を避けるためには大切なことです。

また飼い主同士の立ち話も避けるようにし、通行人や他の動物とは2メートル程度の距離を保ち、濃厚接触しないようにしましょう。

ドックランや公園は人が多く集まる場所になるので避けましょう。

帰宅時には必ず手洗いをし、もし不特定多数の人にペットを触られた・ウイルス感染の可能性が出て心配な場合はシャンプーをして、体表に付着したウイルスを洗い流すことをお勧めします。

また、散歩中いろいろなものを舐めないよう、エリザベスカラーをすることも感染対策としては有効だと考えられます。

【ペットのコロナ感染の予防対策】

・飼い主が感染しないこと
・ペットとの濃厚なスキンシップは避ける(キスなど)
・散歩の立ち話をやめる
・通行人やペットと2メートルほど距離を取る
・ドックランなど人の集まる場所を避ける
・帰宅時は手洗い・うがい
・ペットの体表を拭く
・シャンプーをこまめに行う
・エリザベスカラーをして散歩する

ペットがコロナに感染したらどんな症状が出るの?

ペットは話せないので、具合が悪い・のどが痛いなどの症状は分かりませんが、食欲不振・軽いせき・下痢・嘔吐・呼吸困難などの症状が飼い主から報告されています。

ベルギーでは猫が感染し、この猫は下痢・嘔吐・呼吸困難の症状を発症していましたが、その後回復しています。

ただし、香港で報告された感染者の飼い犬は陽性反応が出たものの症状はなく無症状で元気だったようです。

また日本の公益社団法人東京都獣医師会では、このようなコメントをしています。

日本のペットにおける新型コロナウイルスの感染は、現時点において問題とならないと判断します。

飼主からペットへ感染する経路しか考えられませんが、その可能性も非常に低いと考えられます。

新型コロナウイルス感染症はヒトからヒトへ感染する病気であり、ヒトからペットに感染した(ペットからウイルスが検出された)としても、さらにペットがヒトに病気を移す可能性は限りなく低いだろうと、世界中の多くの専門家も含めて考えています。

まずは飼主が新型コロナウイルスに感染しないように注意し、落ち着いてペットに対応しましょう。

引用:公益社団法人東京都獣医師会HP

動物病院でペットのコロナ検査はしてくれるの?

現在、動物病院で新型コロナウイルスの検査を受けさせたいと思っても、検査体制が整っていないため、検査を受けることはできないようです。

ですが、ペットの感染は幸いにも軽い症状で完治することが多いので、自宅で世話をしつつ様子を見守るのがペットもストレスを感じずに治せるようです。

もしも、ペットが体調不良を起こした場合には、前もって感染の疑いがあることなどを動物病院に連絡し、かかりつけ医の指示に従うようにしてください。

新型コロナウイルス感染前の準備

もし、自分が新型コロナウイルスに感染したらどうすればよいのでしょうか?

今、準備しておきたいことは
ペットと一緒に寝ることや濃厚なスキンシップを避けられるようにエリザベスカラーや柵・ゲージなどを準備しておくこと。

また、預け先を探しておくことも重要になってきます。

預け先については後日まとめようと思いますので、ぜひそちらもお待ちください。

参考までにアニコムホールディングス株式会社では感染者の方のペットを無償で預かるサービスを提供しているそうです。

#StayAnicomプロジェクトHP:https://www.anicom.co.jp/release/2020/200410.html

まとめ

新型コロナウイルスに感染した飼い犬のニュースを見たので大丈夫かなと心配になりましたが、低レベルでの感染が確認されているため、症状も軽いようで少し安心しました。

ですが、これから感染者も増える可能性があるのでペットとの接し方も密になりすぎないよう気をつけて、家族全員で乗り越えていきたいです。

ペットとの濃厚接触が一番の癒しですが、今は我慢ですね!

落ち着いたら可愛いペットを撫でまわしましょう!笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました